新幹線で通路側の客がコンセント利用 注意したら「まさかの返答」が…

『石橋貴明のたいむとんねる』に銀シャリが出演。コンセントをめぐる出来事に驚きの声が。

エンタメ

2020/02/11 15:20

新幹線車内
(Zoonar/N.Okhitin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新幹線に乗った際、コンセントが使えるかどうかは多くの人が気になるポイントだろう。なんとなく暗黙の了解で窓側の人が優先される雰囲気があるものの、ときには通路側の客が先に使っていることも。

この件について、10日放送の『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)でお笑いコンビ・銀シャリの橋本直が実体験を交えつつ語り、話題になっている。



 

■通路側客のコンセント利用にモヤモヤ

銀シャリ・橋本直

この日、番組では「2020年の心配事 集めました」と題し、石橋貴明ら出演者たちが今年2020年に起こるのではないかと心配していることを発表しあう。そこで橋本が語ったのが「新幹線で窓側にしかコンセントがない問題」について。

あるとき、先に乗っていた通路側の客が充電器をめいいっぱい伸ばしてコンセントを使っていたことがあり、窓側の席だった橋本は「自分も充電したい」と思いながらもこの電源が果たして自分のモノなのか考えたという。


関連記事:人気ブロガー、新幹線で見かけた迷惑客に絶句 「最悪」「とにかく不快」

 

■通路側客が逆ギレ

悩んだ末、「充電させてもらっていいですか?」と橋本が問いかけると、その客は「私、充電してるんです」「それってそちらのモノなんですかね!?」と逆ギレしてくることに。

なお、東海道新幹線では今年7月から新型車両「N700S」がデビューし、全席にコンセントが完備されていることが明かされると、橋本は「3人掛けの真ん中が大革命ですよ!」と歓喜していた。

次ページ
■「共感しかない」「自由席は戦い」

この記事の画像(2枚)