野村克也さんが死去 “沙知代さんと同じ死因”に涙「最期まで仲良し夫婦」

11日、プロ野球レジェンドの「ノムさん」こと野村克也氏が死去。沙知代さんと同じ死因で、夫婦愛を感じる人が相次いだ。

スポーツ

2020/02/11 14:30

野球
(33ft/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

11日、元プロ野球選手でヤクルト、楽天などの監督を歴任したことで知られる野村克也さんが84歳で亡くなったことがわかった。

悲しみが広がるなか、ネット上では死因が17年12月に亡くなった妻・沙知代さんと同じだったことに注目する声が広がっている。



 

■死因は同じ「虚血性心不全」

報道によると11日未明、家政婦が浴槽のなかでぐったりしている野村さんを発見し、119番通報。病院に搬送されるも、その後死亡が確認された。

死因は虚血性心不全。奇しくも、17年12月に自宅で体調を急変させ、病院で見送った最愛の妻・沙知代さんと同じ死因だった。


関連記事:爆笑問題が亡くなった野村克也氏の思い出語る 「早く亡くなるイメージはなかった」

 

■「どこまでも仲良し夫婦だ」

プロ野球界随一のおしどり夫婦として知られたふたり。同じ死因だったことを受け、ネット上では「奥様と同じ死因ってホント夫婦すごいですね」「ノムさんの死因サッチーと同じか…どこまでも仲良し夫婦だ」など、夫婦愛をしのぶコメントも。

また、「夫婦ともども自宅で倒れすぐ亡くなるって……」「顔も似てて亡くなり方まで同じ。天国で再会できるといいですね」など冥福を祈る声が確認できる。


■「野村克也引く沙知代はゼロ」

18年2月放送のバラエティ番組に出演した際、野村さんは「野村克也引く沙知代はゼロ。うちの奥さんと一緒に幸せに暮らせる人は(自分以外)いない。主役・ピッチャー(沙知代夫人)の剛速球を受けられるのは自分しかいない」などと、沙知代さんへの想いを語っていた。

その後、「これからは男の生活ができる。もう怖いもんは誰もいない」と強がってみせていたが、沙知代さんの旅立ちから2年2ヶ月で後を追うことになった。

・合わせて読みたい→張本勲氏、野村克也氏の訃報に「寂しい」 「采配は普通」発言には批判も

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太