ボケとツッコミどっち? 日頃のトークでつっこむ力を手に入れる女性たち

人と会話するときに、ボケ役になるかツッコミ役になるか分かれるところだろう。中には、どちらもこなす人もいる。

人間関係

2020/02/12 11:00


 

■ボケて注目されたい男性

一方で男性には、自分がボケておいしいところを持っていきたいと考える人も多い。

「自分がおもしろいことを言って、いいところを持っていきたいという気持ちが強い。つっこみを入れることもあるけれど、基本的にはボケることをずっと頭の中で考えている」(30代・男性)


しかし中には、すべっている人もいるようだ。

「自分はおもしろいと勘違いしている人がたまにいるけれど、周囲は愛想笑いしているだけ。すべっていることを本人が気づかないため、つまらないボケが止まらないのもきつい」(20代・女性)


関連記事:オードリー・春日のツッコミが人気? 「ボケツッコミ逆にして」の声に若林鬼ギレ

 

■年を重ねてボケからツッコミに

年を重ねるにつれて、キャラが変わったという人も。

「私も若い頃は天然キャラのあつかいで、笑わせるというよりも笑われていた。しかし年を取ると職場には年下が多くなり、ほとんどいじられなくなった。


今はどちらかというとつっこむことが多くなったので、立場によっても変わる場合があるみたい」(30代・女性)


状況によってボケとツッコミを切り替える、器用な人もいるだろう。

・合わせて読みたい→オードリーのロケがつまらない理由を若林が熱弁 「だから天下はとれない」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)