北島康介、2度の聖火ランナー経験は「どっちも緊張した」

元競泳日本代表の北島康介が、聖火ランナーのイベントに登場した。

北島康介

元競泳日本代表の北島康介が、12日に『コカ・コーラ社東京2020オリンピック聖火リレー PRイベント』に登場した。


画像をもっと見る

 

■2度聖火ランナーを経験

過去に2度、聖火リレーを務めたことがあるという北島は「聖火リレー決まったときは、ドキドキもそうだけど緊張のほうが強かった。水の中だったので陸上は苦手意識がある。今考えるとそのドキドキは思い出す」と回顧。

「いずれも緊張した。沿道で応援する人、旗を振る人が心強く感じたし、選ばれた人は武器にして楽しんでもらいたい」と聖火ランナーにエールを送った。


関連記事:西川貴教、東京五輪聖火ランナーへ 超ハードな日程に「間に合うのか?」

 

■現役時代を回顧

北島康介

自身の現役時代を振り返り、「五輪で結果を残して喜んでもらえたのは良かった。自分が頑張るとみんながで喜んでくれたし、味わってくれるのかなと超気持ちよかった」と“北島節”で表現した。

イベントでは、7人の聖火ランナーが登場し「聖火リレーまでもうすぐだと実感が湧いてきた。緒に盛り上げるべく、準備しているので楽しめるようにしていきたい」とサポート側としての五輪に意気込んだ。

・合わせて読みたい→陣内智則、聖火ランナーに就任 練習風景が「ヤバい超かわいい」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(4枚)