若者の「カラオケ離れ」って本当? 調査してみると実際は…

日本発の文化、カラオケ。人気低下が叫ばれているが…

ライフ

2020/02/13 10:00

カラオケ
(Image_Source_/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

昨今、若者を中心に「カラオケ離れ」が叫ばれている。大手チェーン店「シダックス」が事業からの撤退を決めるなどしており、業界も苦しい経営を強いられている様子。

一方で「自分はよく行く」「いまだに好き」という声もあり、根強い人気もある。



 

■カラオケによく行く?

そこで、しらべぇ編集部では全国の10~60代の男女1,798名に「カラオケ」について調査を実施。

結果「カラオケによく行く」と答えた人は17.2%で、低い割合に。「カラオケ離れが進んでいる」とまでは言い切れないが、「よく行く」人はかなり少ないことがわかった。


関連記事:人前で歌うのが苦手な人は7割 「カラオケは高レベルな接待」との声も

 

■年代別に見ると…

カラオケによく行く人を年代別に見ると傾向が出た。

意外にも、最も多かったのは10代女性で45.5%。また、10代男性も32.6%と割合が高い。カラオケ店はリーズナブルなうえ、駅前にあり、学生の遊びには最適。ティーンエージャーたちは、カラオケ店で歌や会話を楽しんでいるのかも。

一方「カラオケ離れ」が深刻化しているのは中高年。男性は50代が5.3%とかなり低く、女性は60代が6.0%の低水準に。カラオケに長年慣れ親しんできた世代だと思われるが、「よく行く」人はかなり少ない。

本調査を見る限り、若者よりも中高年のほうがカラオケから足が遠のいているようだ。

次ページ
■あまり行かない理由は?

この記事の画像(2枚)