『ねほぱほ』ギャンブル依存症男性の妻が登場 夫の意外な職業にツッコミ殺到

『ねほりんぱほりん』(NHK)では、ギャンブル依存症で苦しむ家族に話を聞いた。

エンタメ

2020/02/13 07:00

ねほりんぱほりん

12日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)に、ギャンブル依存症の夫を持つ女性が登場し、その苦悩を赤裸々に語った。



 

■トータルで1500万円…

ギャンブル依存症とは、本人の意思とは関係なくギャンブルへの衝動が抑えられない病気のことで、WHOでは疾病として認められている。

なお、女性の夫は、毎日真面目に働く刑事だったという。しかし、そんな夫はギャンブルにトータルで1500万円ほどをつぎ込んでいた。

驚くことに、女性は8年間にわたり夫のギャンブルを全く知らなかったという。また、夫は毎朝忙しい時間帯にお金を要求してきたため、事実に気がつかなかったそうだ。


関連記事:パチンコで多額の借金をしていた夫 義両親に告げたら「衝撃の事実」が発覚

 

■隠したお金の場所を推理で当てる

女性がある時、子供の学資保険の引き落とし金額である7万円を洗面所の奥に隠しておいたところ、引き落とし当日に見てみるとお金はなくなっていたという…。

YOUが「刑事だから!」と納得の声を上げると、南海キャンディーズ・山里亮太も「どこで能力発揮してるのよ!」と強くツッコんだ。

すると、その時の状況について女性の夫が手紙で詳しく語った。その中で夫は、女性が隠したお金を発見するまでの考察や捜索方法を明かすなどし、山里も「どこで才能をフルに使ってるの!ご主人!」と驚愕している。

次ページ
■「無駄な捜査能力を発揮」の声