加藤浩次、人生がつらい人に持論 「勇気を与える言葉」に称賛の声

『スッキリ』「人生でもっともつらい年齢」を発表。加藤浩次が語った言葉が反響を呼んでいる。

エンタメ

2020/02/13 14:00

加藤浩次

タレントの加藤浩次が13日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。人生について持論を展開し、反響を呼んでいる。



 

■人生でもっともつらい年齢は…

番組では、アメリカの大学教授が発表した「人生でもっともつらい年齢」という人生の幸福度に関する論文が紹介される。

日本テレビの郡司恭子アナウンサーからの「つらいのは何歳だと思いますか?」との問いに、加藤は少し考えて「42歳じゃない?」と回答。

「そのとき大変だったんですか?」とツッコミが入ると、少し笑って「42歳ぐらいが下(の世代)からも突き上げられる、上からも指示出される。一番板挟みじゃない?」とコメントした。


関連記事:ママ友同士のLINEグループ問題 「保育園よりも幼稚園は地獄」との声も

 

■「不幸だと思ったことがない」

正解は47歳で、失業、離婚、別居などが起こりやすいという。そして、47歳のタレントとしてマツコ・デラックス、中居正広、木村拓哉などの名前が挙がると、加藤は「誰もつらい感じしませんよ? 全員楽しそうですよ」と一言。

さらに、「人によって違う。生き方、考え方の問題なんで。僕はそんな不幸だと思ったことがないんで、生きていて」とコメントした。

次ページ
■データを気にせずに生きることが大切?

この記事の画像(1枚)