他人の罪をかぶったことがある? 「その人のためにならない」との批判も

大切な人をかばうために、他人の罪をかぶる人がいる。しかしそれは、本人のためにならないとの声も。

人間関係

2020/02/14 08:00

しゃべり方
(Kavuto/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

大切な人がなにかしでかしたときに、その人を守るために罪をかぶる人もいるだろう。はたしてその行為は、正しいものなのかは疑問である。



 

■「他人の罪をかぶったことがある」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、「他人の罪について」の調査を実施。

他人の罪をかぶったことがあるグラフ

「他人の罪をかぶったことがある」と答えた人は、全体で22.5%だった。


関連記事:「パワハラ上司が怖かったので…」 人のせいにして乗り切った体験談

 

■後輩のミスをかぶって

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

他人の罪をかぶったことがある性年代別グラフ

後輩がしたミスを、代わりに怒られた女性も。

「仕事のちょっとしたミスが見つかり、上司が怒ってきた。しかし私がやらかしたものでなく、後輩が手をつけた仕事だった。ただあまりに些細なことだったので、そのまま私が身代わりに。


わざわざ『これは私ではありません』と言って後輩を呼び出すと、私のほうが悪者になる気もしたので…」(20代・女性)

次ページ
■プライドが高いために

この記事の画像(2枚)