武井壮、SNSのブロック機能への持論に共感集まる 「本当それ!」

武井壮がブロック機能に関する持論を熱弁。多くのファンが反響の声を上げている。

エンタメ

2020/02/14 05:45

武井壮

タレントの武井壮が自身のツイッターから、「ブロック機能」に関する持論を展開。何かと荒れやすい話題ではあるが、ファンからは好意的な意見が多数上がっている。



 

■武井の持論は…

武井は13日に、「オレは会ったことも、話しかけたこともないのにただ悪口や、失礼な発言、汚い言葉を投げつけるような人は即ブロックします」とツイート。自身のSNS観について綴っている。

ブロックの理由に関しては「悪口を言われたくないから」ではなく、「子供も多く見てる自分のTwitterに、人を貶めるような言葉を表示させて、そんな事が当たり前だと思わせたくないから」と説明していた。


関連記事:バカリズムのツイッター術「万単位でブロックしてる」 その理由に驚愕

 

■否定的な意見も多いブロック

「ミュート」機能と違って、特定の人物を拒絶していることが相手に分かってしまうのがブロック機能。そのため、自信がブロックされると「都合が悪くなったらすぐにブロックか」と相手を揶揄するユーザーは決して少なくない。

ブロックとは異なる「ミュート」機能を使えば自身のタイムライン上から特定のユーザーのツイートを消すことは可能だが、「リプライ」には無力という弱点がある。

次ページ
■ファンを第一に考える姿勢に…

この記事の画像(1枚)