モト冬樹、槇原容疑者逮捕に言及 「歌の説得力がなくなっちゃう」

モト冬樹が槇原敬之容疑者の再逮捕に無念を綴る。「歌の説得力がなくなっちゃう」に共感の声も。

エンタメ

2020/02/14 09:40

(画像はモト冬樹公式ブログのヘッダー画像)

13日、タレントのモト冬樹がブログを更新。槇原敬之容疑者が覚せい剤取締法違反の容疑で21年ぶりに再逮捕された件について言及した。



 

■「歌の説得力がなくなっちゃうよな」

モトは、「槇原敬之容疑者の逮捕」とストレートなタイトルでブログを更新。冒頭から「槇原敬之容疑者が覚醒剤取締り法違反の容疑で逮捕された99年に同じ容疑で逮捕され21年たってまた…がっかりだよ」と綴っている。

さらに「今年は歌手生活30周年の年だというのになにやってんだ?」と呆れを露わにした。

しかし、「あれだけ素晴らしい楽曲をたくさん作っているの人なのに」と槇原容疑者に対して高い評価しているようだ。それだけに、今回の再逮捕は心に来るものがあったのだろう。

彼の歌詞には素晴らしいものも多かったため、「歌の説得力がなくなっちゃうよな」と残念そうにしている。「ファンはどれだけガッカリするのかわかっているのかなぁ」とファンに寄り添うコメントも。


関連記事:おぎやはぎ矢作、槇原敬之逮捕にショック 「30周年でやっちゃったんだろうな」

 

■「もう一度やり直してほしい」

違法薬物に対し「やはり一度やってしまうとやめられないものなのか?」「自分がいままでつちかってきた人生と引き換えてもいいくらいのものなのか?」と疑問に思っていることを綴った上で、「彼には充分反省して立ち直ってもらいたよな」とした。

最後には「槇原敬之という誰も真似のできない素晴らしいアーティストなんだから」と改めて槇原容疑者への高い評価を綴った。


■共感の声

モトが書き綴った槇原容疑者への高い評価と再逮捕の悲しみに「槇原敬之の曲ってストレートに心にしみるんだよね。ホントに悲しい」「あんなにたくさんの名曲があるのに…寂しいね」と共感する声が相次いだ。

また、「次は執行猶予なしの実刑だろうね」「すぐ復帰の話するべきじゃない。もっと厳しくすべき」といったコメントもみられた。

何度も何度も槇原容疑者が素晴らしい曲を作っていること、違法薬物で再逮捕されてしまったことを綴ったブログを見るとモトの槇原容疑者への思いがわかる。槇原容疑者がどのような実刑になるかはわからないが、罪を償った後、また名曲が聞けることを祈るばかりだ。

・合わせて読みたい→『ヒルナンデス』槇原容疑者の逮捕でテーマ曲差し替え 「違和感がスゴい」と反響

(文/しらべぇ編集部・Aomi