成田凌、多忙ぶりにジョーク 「自分でもいつ映画撮ってるのかわからない」

俳優の成田凌が『第93回キネマ旬報ベスト・テン』表彰式に出席した。

エンタメ

2020/02/14 14:20

成田凌

俳優の成田凌が、11日に『第93回キネマ旬報ベスト・テン』で「助演男優賞」を受賞し、表彰式に出席した。


画像をもっと見る

 

■「こんなに嬉しいことはない」

成田は今回、映画『愛がなんだ』『さよならくちびる』などが評価され、同賞の受賞に至った。

「この(役者の)世界に入って、キネマ旬報社の賞をいただけて本当にありがとうございます。こんなに嬉しいことはない」と喜びとともに、感謝の言葉を口にした。


関連記事:安藤サクラ&柄本佑、史上初の夫婦W受賞! 手つなぎピース写真が反響

 

■助演男優賞ではダントツ

成田凌

キネマ旬報誌に掲載された得票数によると、助演男優賞部門では「ダントツでした!」と2位に大差をつけての勝利に感激。

一方、主演男優賞では「やっぱり(力が)足りないんだなあと思います」と1位の池松壮亮との差を痛感していた。


■自虐ネタで苦笑

キネマ旬報社

「昨年は6本の映画に出演させていただいて、自分でも『いつ撮っているんだろう』といった感じでした」と、ジョークを交え、多忙なスケジュールを実感。

「色んな人に感謝しかないです。毎日撮影現場に行くたびに、『力が足りないな』と思うのと同時に、いかにして支えられて、ひとつひとつの役を演じる。共演者のかたからたくさんのことを学ぶばかりです」。周囲に助けられ、役者人生を歩んできたと語った。

・合わせて読みたい→成田凌、スリランカで一番有名な占星術師を訪ねるも占い結果に衝撃

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝 撮影/KEN)

この記事の画像(13枚)