梅沢富美男、立ちション連行の安倍総理秘書に激怒 「下半身がユルいから」

『バラいろダンディ』に梅沢富美男が出演。安倍首相の秘書が路上で放尿し、警察署に連行されていたことを一喝した。

エンタメ

2020/02/14 17:00

梅沢富美男

13日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にタレントの梅沢富美男が出演。安倍晋三首相の秘書が路上で立ちションし、警察署に連行されていた件を一喝した。



 

■大物秘書なのに素面で立ちション

この日、番組では安倍首相の西山猛秘書が今月4日、首相官邸付近でくわえタバコ姿で立ちションをして、警察署へ連行されていた……という週刊誌報道を紹介。西山氏は酒は飲んでおらず、今回は情状酌量により、始末書処分になったそうだ。

この件についてナジャ・グランディーバがコメントを求められると「70歳くらいの人なんでしょ? そんなにおしっこ我慢できないんですかねえ……」とコメント。司会の垣花正が「それは梅沢さんに聞いているんですか?」とアシストする流れに。


関連記事:若者の立ちション離れ トイレ以外で用を足す人が減少傾向に

 

■下半身も気もユルんでいた?

こうして同年代の男性としてコメントを求められた梅沢は「私はおしっこ我慢できますよ!」「下半身がユルいからだよ! 俺の下半身はしっかりしてるからね!!」と、西山氏を一喝するとともに、自分の健康さをアピール。

その後、一通りのトークが行なわれたあと、垣花がふたたび「この方は商業柄、自分だったら許されるというユルみがあったんですかね」と話をすると、梅沢は「あるんだろうな!」などと述べ、その意見に納得していた。


■半数の男性が成人後に立ちション

放尿地点が首相官邸の近くだったこともあり、スタジオでは「日本で一番やっちゃいけない」「逆にスゴイ」などの声もあがっていた今回の出来事。下半身だけでなく、気のユルみもあったのは間違いない。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20~60代の男性814名を対象に調査したところ、全体の49.3%が「成人してから、屋外で立ちションしたことがある」と回答した。

成人してから屋外で立ちションがある

ペットの犬を散歩するときでさえ、オシッコを洗い流すための水を持ち歩くのが常識の現代。ましてや人間の立ち小便は犯罪であり、掃除する人の迷惑などを考えても、控えるべきだろう。

・合わせて読みたい→槇原敬之容疑者逮捕、梅沢富美男が声荒げ断罪 「覚せい剤やったら…」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国20~60代の男性814名(有効回答数)