グラドル・大川成美、いけない体験を振り返る 「スカートの中にカメラが… 」

最新作のジャケと同じ、真っ白なビキニを身に纏ったグラドル・大川成美が作品の見どころを語った。

オトナ

2020/02/14 20:20

大川成美

7作目となるイメージDVD『もっといけない関係』(イーネット・フロンティア)を引っ提げ、グラビアアイドル・大川成美がイベントホールに登場。しらべぇ取材班は、早速新作の見どころをチェックすべく、直撃インタビューを敢行した。


画像をもっと見る
 

 

■さらにパワーアップした作品

タイトルの時点で非常に男ゴコロをくすぐる今作。以前発表した『いけない関係』をさらに濃くした内容になっているようだ。

初の教師役を務め、学校の教え子と「いけない関係」を築いていくのが今作の見どころ。さらに男性教師に2人の関係がバレてしまい、なし崩し的にその教師とも「いけない関係」になってしまうという。

タイトル通り「いけない関係」の連鎖が楽しめる作品と言えるだろう。


関連記事:年下になめられた経験がある? 「年齢関係なく敬意を払うべき」との意見も

 

■特に意識したポイントは…

大川成美

年下の男の子と、年上の男性との絡みが楽しめる作品だが、撮影中は2人への接し方の違いに気をつけたという。

「ちょっと演技を使い分けて…」「大人の感じと、年下に対する女性的な感じで挑みました」というコメントのとおり、表情や雰囲気、仕草などの細かい違いに気づけそうだ。


■過去最強のセクシーさ?

大川成美

「今までで一番露出が高くなってます」と、本人も作品のセクシーさには満足がいってる模様。全体的にセクシーなようだが、中でも特に「すごい」シーンを聞いてみると、「ロングスカートの中にカメラが入っていくのが、何回かあります!(笑)」とのこと。

現実世界で見かけたら一発アウトなシチュエーションだが、さすがは「もっといけない関係」の名を冠すイメージ作品である。他にも「動いたら出る」レベルにギリギリな面積の水着も登場するようで、見どころ満載の作品に仕上がっていることは間違いないだろう。


【大川成美(おおかわ・なるみ)】

1990年3月20日生まれ/T155・B85・W62・H88/趣味:スポーツ、温泉、音楽鑑賞/特技:ソフトボール(高校選抜メンバー)、短距離走(50m走6秒台)

・合わせて読みたい→美乳グラビアアイドルの「カップ数」のまとめ【Bカップ編】

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ 撮影/HIRO)

この記事の画像(3枚)