愛する女子生徒をほぼ全裸で追いかけ回す教師 「狂ってる」と反響相次ぐ

ドラマ『ホームルーム』の第4話が放送。ラブリンの変態ぶりが限界突破したと話題に。

社会

2020/02/14 16:45

学校
(maroke/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

俳優の山田裕貴が主演を務めるドラマ『ホームルーム』(MBS系)の第4話が12日深夜に放送。愛する生徒に、自分が変態教師であることがバレてしまいそうになるシーンが見られ、反響が相次いでいる。



 

 

■先生をもっと知りたい

担任の愛田凛太郎(山田)を愛するあまり、いじめを自作自演していた桜井幸子(秋田汐梨)。「あなたは私を照らしてくれる。そのときだけ私はキラキラ輝くことができる…」という思いとともに、「もっと知りたい」という感情を露わにした彼女は、ついに愛田の家まで尾行を敢行する。


関連記事:生徒の部屋に全裸で潜んだ教師 まさかの展開に騒然…『ホームルーム』

 

■変態度が限界突破

一方、愛田は幸子の写真が大量に貼られた猟奇的な部屋で全裸になり「この女神のような桜井に出会わせてくれてありがとう!」「かわいい! 綺麗!」と部屋にある「桜井の欠片」と称した髪や爪に身体をこすりつけて発狂していた。

続いて「明日も素敵な桜井に出会えますように!」と神に祈りながら幸子の肖像画を描いていたのである。その様子を見てしまった幸子は、その場から逃げてしまった。

次ページ
■パンツ一丁で女子高生を追いかける教師