愛する女子生徒をほぼ全裸で追いかけ回す教師 「狂ってる」と反響相次ぐ

ドラマ『ホームルーム』の第4話が放送。ラブリンの変態ぶりが限界突破したと話題に。

社会

2020/02/14 16:45


 

 

■パンツ一丁で女子高生を追いかける教師

動揺した愛田は、パンツ一枚で「話をしようー!」と絶叫しながら幸子を追いかける。

「(私が)いつも追いかけていた先生が、今は私を追ってくれている」と戸惑いながらもどこか嬉しそうな表情の幸子は、「先生、ありがとうございます! おかげさまで今私、キラキラしてます!」と心の中で絶叫。

愛田はパンツ一丁で女子高生を追いかけ回していたため警察に補導されかけるが、幸子が「親戚のおじさんです!」ととっさに嘘をつき、お咎めなしということに。


関連記事:女子生徒を異常に愛する男性教師 全裸で取った行動に「ドン引き」

 

■苦しい言い訳を信じる純粋な幸子

その後、パンツ一枚に幸子のマフラーを巻いたとんでもない格好の愛田と公園で語り合った幸子。全裸で絵をかいていたことについて「デッサンの準備中だったんだ」とごまかされ、仕事に真摯な彼にますますのめり込んでしまう。

今夜の出来事は二人の秘密だと約束し、事なきを得た愛田は、階段の上で踊り始める。どうやら、変態教師のレッテルは貼られずに済んだようだ。


■ほぼ全裸に称賛の嵐

愛田が服を着ている時間のほうが少なかったと思われる第4話。「ほぼ全裸」というヤバすぎる展開に、SNSでは「良いもん観た」「全裸俳優=山田裕貴くん」「全裸もパンツもヤバすぎ」「一番狂ってる」といった称賛の声が続々と寄せられた。

他にも、パンツ一丁で語り合うシーンに「絶対寒いよね」「役者さんてすごい」と感心するファンも。

次週からは物語が再び動き出すようだが、一体どのような変態ぶりを見せてくれるのだろうか。期待して待ちたい。

・合わせて読みたい→「君のためなら監視カメラも用意する」 変態教師の真摯な愛に歓声

(文/しらべぇ編集部・AKO