「お腹の肉が邪魔して…」 足の爪をほとんど切らない人の言い分とは

足の爪は、あまり人に見せる機会が少ないそのために、爪を切らすに放置している人もいるようである。

ライフ

2020/02/15 11:00


 

■靴に当たって痛くなると切る

足の爪が伸びすぎると、靴に当たって痛くなることもある。

「僕も面倒なことが嫌いなので、足の爪はかなり放置してしまうことも多い。ただ足の爪が伸びすぎると、靴の先に当たって痛くなる。さすがにそうなったら切るけれど」(30代・男性)


関連記事:賀来賢人、主演ドラマで覗かせる自信 「チャレンジングで面白い」

 

■お腹の肉が邪魔して

お腹に肉がついていると、足の爪が切りにくくなる。

「私はちゃんと、足の爪を定期的に切るようにはしている。しかし中年太りがここ数年で加速していて、お腹の肉が邪魔で足の爪が切りにくくなった。


息を切らしながら爪を切る姿を見て夫が、『切ってあげようか』と言ってくるくらい。足の爪を切るためにも、ダイエットしないと…」(40代・女性)


切りすぎるのもよくないが、適度な手入れは足の爪にも必要である。

・合わせて読みたい→明石家さんま、新木優子に手を握られメロメロ 「俺をハメてるな」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)