46歳男が口論から20代恋人を殺害 皮をはぎ内臓を取り出す猟奇性も

美貌と若さが自慢の20代女性と交際していた40代半ばの男。彼は突然豹変した。 

社会

2020/02/15 14:30

夫婦の争い
(wernerimages/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男は酒が入るとキレやすいタイプだった。だが、それ以前に人格にも問題があったのかもしれない。女性とのちょっとした喧嘩に感情を激高させ、やがてナイフを手にしたという。



 

 

■上半身血だらけの男

メキシコのメキシコシティでこのほど猟奇殺人事件が起き、エリック・フランシスコ・ロブレドという46歳の男が殺人および死体損壊・遺棄の疑いで逮捕された。

グスターボ A. マデロ地区にあるアパートの自室で交際していた25歳の女性を惨殺し、上半身血だらけで歩いているところを近隣住民により通報された。


関連記事:DV男、恋人にブチ切れナイフを手に おでこに字を刻む残虐ぶりに騒然

 

■「彼女が先に攻撃」と男

地元メディアなどによると、ロブレドは警察の取り調べに「2人でお酒を飲んでいたが口論になり、共に感情を激化させた。彼女が自分のナイフで俺を刺そうとしたため、それを取り上げ彼女への攻撃に転じた」などと話している。

正当防衛のようにも思われるが、そのナイフが本当に女性のもので、かつ最初に彼女が攻撃してきたことを示す証拠はない。

次ページ
■遺体の皮をはぎ、肉をそぐ

この記事の画像(1枚)