「乗客を全員ぶっ殺す」 飛行機のドアをこじ開けようとした女に実刑判決

上空でまさかのトラブル発生! 航空会社も「このような酷い事例は初めてです」と述べ、怒りをあらわにしている。

社会

2020/02/16 07:30

機内パニック
(Diy13/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

機内で大暴れして「お前たちを全員殺して自分も死ぬ」と喚き、さらにドアを開けようとした女に、実刑判決が下された。



 

■機内で騒いだ女

昨年の6月、英国のロンドン・スタンステッド空港でクロエ・ヘインズ(26)が祖母と一緒にトルコ行きの飛行機に乗り込んだ。

乗客206名が乗った飛行機は無事に離陸したものの、しばらくするとヘインズの様子がおかしくなり、叫び、歌い、さらには泣きだして乗務員や他の客を驚かせたという。


関連記事:機内で泥酔客がスマホを… あり得ない行動で旅客機が緊急着陸

 

■「皆殺しだ」と絶叫も

荒れ狂ったヘインズは乗降用ドアに突進し、無理やりこじ開けようとし始めた。どうにかドアから引きはがそうとした乗務員には爪を立てて抵抗。さらには「死にたい」「お前らも全員殺してやる」と声を上げる。

乗務員と乗客らが力を合わせてヘインズを取り押さえたものの、乗客の一部はこの日の恐怖を振り返り、「このまま死ぬのかもしれないと思いました」と警察に証言している。

次ページ
■有罪を認めた女

この記事の画像(1枚)