実家の汚さにうんざり 指摘するもその後の行動に驚愕

実家に帰省するたび、部屋の汚さにうんざりする。

散らかる部屋
(ElenaNichizhenova/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

実家に帰省するたびに、憂鬱な気持ちになったら。このほど女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』に家族のだらしなさに関する話が投稿された。



 

■実家が散乱

「実家がものを溜め込んでいてすごい状況です」とうんざりする投稿主。両親ではなく、姉が大量にものを置くのだという。

外出先で購入したもの、趣味、仕事の道具…。こうしたものが片付けられておらず、室内が散乱しているありさま。


関連記事:『アメトーク』ザ・ノンフィクション風VTRに悲鳴 「俺じゃん…」

 

■聞く耳持たず

投稿主は帰るたびに片付けを提案するも、聞く耳持たず。両親が姉に提案しようものなら「勝手にさわるな」と文句を言われる始末。

さらには、姉の部屋以外にも侵食し始めており、両親や投稿主の部屋にもものが置かれ始めたのだという。コメント欄では「お姉さん身勝手すぎる」といった反応があがっている。


■散らかっていたほうが落ち着く割合は…

なお部屋の整理整頓についてはこんな調査がある。しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,721名を対象に「部屋」について調査を実施したところ、およそ3割の人が「多少散らかっていたほうが落ち着く」と回答する結果となった。

部屋は多少散らかっていたほうが落ち着くグラフ

姉には家を出ていってもらえればいいのだろうが、難しい選択肢だろう。

・合わせて読みたい→おかしな性格の姉の異常な行動 「GPSで監視」「バイト中もちょっかい」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)