三四郎・小宮、お笑い第7世代とのカラオケで世代間ギャップ感じ愕然

『自慢したい人がいます ~拝啓ひねくれ3様~』で三四郎・小宮浩信が世代ギャップを語り…

エンタメ

2020/02/16 13:00


 

◼視聴者も衝撃

小宮は36歳、岩井は33歳だが、どこかでまだ若い気持ちはあったのだろう。カラオケで選んだ曲で「世代間ギャップ」を感じ、自分たちがおじさんと気づいたようだ。

どうやらそれは視聴者も同じようで、「今の若者は知らないんだ…」「小宮さんもおじさんか…」と驚きと嘆きの声が入り混じっていた。


関連記事:ハライチ岩井、他人が握るおにぎり食えないアピールに反論 「言うほど潔癖症じゃない」

 

◼7割が「あっという間に年を取った」

しらべぇ編集部で全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の約7割が「あっという間に年を取ったと感じている」と回答している。

あっという間に年を取ったと感じているグラフ

若者には『デイ・ドリーム・ビリーバー』がヒット曲ではなく、セブンイレブンの曲と認知されていると知った小宮らは、「あっという間に年をとった」と痛感しているに違いない。

・合わせて読みたい→乃木坂46・秋元真夏、義理チョコ巡り三四郎・小宮に呆れ 「何様ですか」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)