入浴中のスマホ充電で15歳少女が感電死 無念の父「あれほど注意したのに」

子供たちには常に「絶対にダメだ」と注意し続けていた父親。愛娘の死にひどく打ちひしがれている。

社会

2020/02/16 17:40


 

■バスタブで充電

少女はたびたび風呂に浸かりながらスマホを使用しており、当時は充電ケーブルも差し込まれていた。そんな中で手が滑ってスマホをお湯に落とし、瞬時に感電した可能性が高いことをフランスのメディアが報じている。

欧米のバスルームはトイレ・洗面・バスが一緒になっているなか電源もあるのが普通だ。フランスでは毎年最大40人がこうした事故で亡くなり、3,000人が負傷しているという。


関連記事:愛犬ラブラドールを思わず殺してしまった女 心の余裕を失わせたものとは…

 

■同じ事故で妊婦も死亡

フランスではイゼール県のグルノーブルでも2018年に同様の感電事故が発生。妊娠中の21歳の女性が死亡し、お腹の赤ちゃんも助からなかった。

このたびの事件について、メディアの取材に「3人の子供の父親として、携帯電話をバスルームに持ち込んではいけないと私は毎日のように注意し続けていました」と語り、肩を落とした父親。

メーカーに対し、こうした事故が2度と起きないよう何らかの対策を講じるよう強く働きかけていくつもりだという。

・合わせて読みたい→娘を脱がせ児童ポルノ撮影 販売目的だった鬼母に300年の実刑判決

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)