「10歳のパパ」はとんだ濡れ衣だった 15歳少年に強姦されていた少女

「やはりそういうことか」とロシアの人々。嘘をついた少女への怒りは大きいようだ。

社会

2020/02/16 17:20

妊婦
(Zinkevych/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

しらべぇでも既報だが、先日ロシアで10歳少年と13歳少女が仲良く公開テレビ番組に出演し、「赤ちゃんができた。産んで2人で育てる」と告白して大変な騒動となった。「少女は何か真実を隠している」と疑う人々。その直感は正しかったようだ。



 

 

■テレビの公開番組で…

ロシア・クラスノヤルスク地方の小さな町ジェレズノゴルスクで、このほど13歳(メディアにより14歳との報道も)の少女が妊娠した。

赤ちゃんの父親について少女は約1年前から交際している10歳少年だと説明。話題を聞きつけたテレビ局「The Rossiya 1」は幼い2人を公開番組に出演させ、そこで医師が「少年の幼すぎる男性機能では妊娠させられない」と告げたことから、番組はさらに騒然となった。


関連記事:10歳少年が「パパになる」とTVで告白 13歳少女の妊娠に疑惑深まる

 

■15歳少年が少女を強姦

少女は何かを隠しており、少年も嘘をついていると誰もが疑ったその妊娠騒動。このほどついに新事実が伝えられた。

少女の家族がロシアのメディアに語ったところによれば、15歳の少年から性的暴行を受けていたことを少女がテレビ出演の後で明らかにしたといい、その少年は強制性交等罪(旧:強姦罪)につき起訴され、現在は自宅軟禁の状態に置かれているという。

次ページ
■「レイプ被害」への嫌悪感

この記事の画像(1枚)