アプリで出会った男が初デートで銀行強盗 共犯者にされかけた女性の悲劇

ハンサムな男とネットで出会い、初デートを楽しむべく出かけた女性。しかし男は理想の恋人とは程遠い悪人だった。

社会

2020/02/16 18:20

銀行強盗
(Jub Job/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ネットで知り合った容姿の良い男と意気投合し、直接会う約束を交わし出かけた女性がいる。ロマンチックなデートと関係の発展を楽しみにしていた女性だが、男には信じがたい計画があった。



 

■男との出会い

2016年のこと、米国・マサチューセッツ州で暮らす女性(当時40)がデートアプリで知り合ったクリストファー・カスティリョ(33)と意気投合し、好意をいだくようになった。

その後にふたりは「実際に会ってデートしよう」と話し合い、同年12月5日には、女性のほうから男が両親と暮らす家まで車で迎えに行ったという。


関連記事:HIVを女性3名に感染させた男に実刑判決 被害者が苦しい心境を吐露

 

■向かった場所は銀行

しかしカスティリョは車に乗るなりワインを飲み始め、女性に対しては「銀行に寄ってくれ」と要求。これを聞いた女性は「デートですもの、現金が必要なのね」と考え、指定された銀行を目指し車を走らせた。

到着するなりカスティリョのみ銀行内に向かったが、カスティリョは中に入るなり窓口で働く職員に声をかけ、日本円にして約11万円を要求。銃で脅かし現金を出させ、それを取り上げて車に駆け戻るなり「すぐに車を出せ!」と女性に命じた。

次ページ
■追跡と逮捕

この記事の画像(1枚)