前澤友作氏、新会社で再び社員募集 破格の年収に「すごすぎる」

スタートトゥデイの前澤友作社長が新たな職種で社員募集を発表した。

前澤友作氏

ZOZOTOWN創業者の前澤友作氏が17日、ツイッターを更新。新たに立ち上げた会社『スタートトゥデイ』で、新職種の社員募集の発表を行なったが、その職種の最大年収に衝撃が走っている。



 

■過去にも…

前澤氏は過去にも同社の社員を募集しており、その際にも募集要項に記されていた、インパクトのある「年収」が話題に。

2019年12月20日、新事業を作る『経営企画室』の社員募集を発表したのだが、その年収は「1000万円~」と高待遇スタート。ネット上では「目がくらんだ」と驚愕の声があがっていた。


関連記事:前澤友作氏、新会社の社員募集開始 年収に「目がくらみました」

 

■今回は「最高1億円」

前澤氏は今回、『CTO』(最高技術責任者)の募集を発表。グループ全体のシステムを統括する立場で、雇用形態は正社員か取締役とあり、場合によってはいきなり会社の経営層に加わる立場となるよう。

採用人数は1名と狭き門ではあるが、年収は「2000万円~1億円」。最低でも2000万円、最大だと1億円ということで、民間企業としては破格の年収と言えるだろう。


■羨む声があがる

それだけに、ツイッターのリプライ欄などでは「すごすぎる」「転職したい」といった、年収の高さに羨む声もあがる一方、「バイトさせてください」と、「社員でそれだけ高ければバイトも…」と期待するような声も寄せられていた。

なお、社員募集の応募締切は23日までなので、募集資格を満たしていて、尚かつ興味がある方は検討してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→前澤友作氏、「お金で遊んでる」批判を認め反響 今後の活動は…

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

年収福利厚生社員ZOZOTOWN前澤友作起業スタートトゥデイ高待遇
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング