ハワイ旅行後の日本人が新型ウイルス感染 米国はここまで情報公開

日本人観光客の新型コロナウイルス感染により、米国・ハワイ州でも一気に感染への不安が広がっているようだ。

(macky_ch/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

名古屋市は2月14日から15日にかけて、同市内在住の60代夫妻が相次いで新型コロナウイルスに感染していることを確認。夫妻は米国・ハワイに渡航し、今月上旬に帰国した後に症状が出ていた。

同時期にハワイにいた人は、もっと詳しい情報がほしいと思うだろう。現地のメディアではどのように報じているのだろうか。


■ハワイ帰国後に新型肺炎

愛知県における新型コロナウイルス感染者の3例目、4例目と示された名古屋市在住の夫妻。ふたりは1月28日にハワイに渡航し、今月7日に中部国際空港(セントレア)に帰国していた。

なお16日には、愛知県内に住む60代の男性が、新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認された。男性はこの妻の知人で、帰国後の彼女と接触があったと報じられている。


関連記事:新型肺炎めぐり厚労省のツイッター大荒れ なぜか河野防衛相に注目集まる

■日本人観光客の発症を重く見るハワイ州

10日間の旅行で夫妻はマウイ島とオアフ島に滞在し、すでに日本に帰国したが、米・疾病予防管理センター(CDC)、ハワイ州政府と保健局、ホテル、航空会社などはこの事態を大変重く見ているとのこと。

ここにきて、インフルエンザの重症化と考えられていた肺炎患者のなかに、じつは新型コロナウイルスの感染者が多く含まれていたのではないかと、米国でもいきなり警戒感が広がっていることも一因だろう。

関連記事:台湾、マスク不足で「1人3枚まで」の購入制限 炎上騒動も勃発

■米国で公開された情報

米国では、複数のメディアがハワイのデヴィッド・イゲ州知事および、州保健当局による記者会見などの情報をまとめ、17日午後の段階で以下のように報じている。

・ホノルル滞在中に1名が風邪のような症状を呈し、マスクを装着していた


・夫妻はまずマウイ島へ、3日からはオアフ島・ホノルルに滞在


・ハワイアン航空は「2月3日、夫妻がマウイ島・カフルイ発ホノルル行きのフライト=ハワイアン航空265便を利用」と語った


・オアフ島の宿泊先は『グランド・ワイキキアン・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ』


・デルタ航空は「ホノルル発セントレア行き=デルタ航空611便で日本に飛び立った」と語った


こうした細かい情報を公開する目的は、そのホテルや旅客機の宿泊客、乗客、従業員、乗務員、空港の利用者や職員らに、何かあやしい症状が現れたら医療機関をすみやかに受診して新型コロナウイルスの疑いがあると申告し、迅速な検査をしてほしいからだとしている。


関連記事:体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺

■航空会社もホテルも…

なお、デルタ航空とハワイアン航空は、夫妻と同じ便を利用した乗客と連絡を取りながら状況の把握に努めている。

また、宿泊先のホテルを運営するヒルトン・グランド・バケーションは、「州公衆衛生当局からの指導と最新の対策ガイダンスに基づき、リスクを正しく理解しながらしっかり対処していく」とこちらも冷静だ。

気になるのは、州保健局が「男性はハワイ入りする前か飛行中に感染していた可能性がある」と発表していること。夫妻の旅程など、さらなる情報の把握に努めているところだという。

・合わせて読みたい→体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ