新型コロナで東京五輪は中止すべき? 丸山桂里奈の意見に「たしかに…」の声

『バラいろダンディ』新型コロナウイルスがありながらも予定通り行われる東京五輪について、丸山桂里奈が持論を展開。元アスリートとしての意見に感心の声があがる。

エンタメ

2020/02/18 14:00

丸山桂里奈

元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈が、17日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演。新型コロナウイルスをめぐる東京マラソンや東京五輪の問題について持論を展開した。



 

■東京マラソン一般参加中止

番組では、新型コロナウイルスの影響による東京マラソンの一般参加中止についてトークを展開。

丸山は「私は東京で一斉に3万8千人が息を『スーハースーハー』したら、東京じゅうに感染が広がっちゃう可能性が…」「『位置について、よーい!』のときにみんな『スー』って吸って吐くわけですから…」と独特な意見でスタジオの笑いを誘いつつ、今回の一般参加中止の判断を支持した。


関連記事:デーモン閣下、東京五輪の中止検討報道に「ひと言」 反響相次ぐ

 

■丸山の意見にスタジオが静かに…

また、中止や延期の必要がないといわれている東京五輪について意見を求められた丸山は、「オリンピックを観戦に来る人が感染しちゃうっていうのもあるかもしれないですけど…」としたうえで、「アスリートって4年に一度でそこに準備してきてるわけですから、一番はアスリートの気持ちを大切にしたほうがいいじゃないかなって私は思います」とコメント。

丸山の回答が予想外だったのか、スタジオは静かになり、出演者は「たしかに…」「なるほど」「すごい良いコメント」と口々に漏らす。

タレントの武井壮は「(丸山が)まともなこと言うと思わなかった」と驚き、フリーアナウンサーの垣花正も「めちゃめちゃアスリートとして真っ当なことを(言っていた)」と感心していた。


■元アスリートだからこそ…

さらに、垣花から「さっきの『スーハー』とのギャップがスゴい」とツッコまれると、丸山は「アスリートってそれだけ懸ける思いがありますからね」と話す。

元なでしこジャパンとして活躍していた丸山の言葉だけに、武井たち出演者も説得力を感じたのかもしれない。

・合わせて読みたい→丸山桂里奈、両親のために別荘購入もまさかの決断 「手付金を失ってでも…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一