クロちゃん、「豆柴の大群」未成年飲酒に言及 コメントの違和感に反響

『水曜日のダウンタウン』発のアイドルグループ「豆柴の大群」のナオ・オブ・ナオの未成年飲酒騒動について、安田大サーカスのクロちゃんが言及した。

エンタメ

2020/02/18 17:20

クロちゃん

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の女性アイドルオーディション企画「MONSTER IDOL」で誕生したグループ「豆柴の大群」のメンバー、ナオ・オブ・ナオが未成年時の飲酒を報じられた。

このことについて、プロデューサーを務めていた安田大サーカスのクロちゃんが、18日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で騒動に言及した。



 

■アイドルたちは「子供」

今回の騒動について、番組リスナーから「元プロデューサーなので部外者でしたっけ?」とイジる質問が寄せられると、クロちゃんは「部外者じゃないですよ。だって、自分のエキスが全部100%入った子供たちですから。僕の子供たちなので」と責任を感じているよう。

また、プロデューサーを解任される前にはナオのLINEも聞いていたようで、個人的に連絡も取っているという。


関連記事:クロちゃん、後輩芸人へのご祝儀代にファン衝撃 「さすが…」

 

■ツイッターでも言及

クロちゃんは番組終了後に、自身のツイッターを更新。ナオ本人から謝罪があったとし、「凄く反省してる」と感じたという。

「しっかり反省して、これからの活動を精一杯頑張ってもらえればと思います。今後ナオがどう変わっていくのかを見守っていけたらと思います」とエールを送った。

次ページ
■「真面目な態度」に驚きの声も