明石家さんま、ママYouTuberに興味津々 「宮迫に教えな…」

1本の動画で再生回数3億回を記録した、大人気ママYouTuberをゲストに迎え、明石家さんまも興味津々に

エンタメ

2020/02/19 16:20

明石家さんま
(写真提供:JP News)

18日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、ママユーチューバーとして活躍する、なーちゃんが出演。ユーチューバーとしてのヒットする秘訣に、明石家さんまが身を乗り出して興味を示す一幕があった。



 

■再生回数3億のママユーチューバー

同番組に初出演したのは、ユーチューバーのなーちゃん。現在7歳の長男と、1歳の長女がいる2児の母でもある。

1本の動画で再生回数3億回を記録するなど驚異的な数字を叩き出しており、さんまも「とんでもない数字やろ!?」と驚愕してしまう。


関連記事:宮迫博之、謹慎中の過ごし方 いきなりステーキ行けずウイイレやり込む

 

■「宮迫に教えな…」

「世界中の人が見てます」と誇らしげに語るなーちゃんに、さんまは「どういうやり口でやったらええの?」と追求。すると、出演者であるママタレたちからは「やり口って!」「何かいやらしい…」といったツッコミが相次ぎ、スタジオは笑いに包まれる。

しかし、さんまの表情は真剣そのもので「ちょっと今、宮迫に教えなアカンから…」とこぼし、大爆笑が沸き起こった。

雨上がり決死隊の宮迫博之は、現在YouTube活動に注力しており、彼の謹慎・復帰については、さんまもかなり気にかけていた様子が様々なメディアで報道されている。


■ユーチューバーになりたいと思う?

宮迫のYouTube活動も気にかけている様子のさんま。また、なーちゃんの出演によって、よりいっそうユーチューバーに興味を持った視聴者も多いのではないだろうか。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,358名を対象に「ユーチューバー」について意識調査を実施したところ、男性は2割弱、女性では1割強の人が「生活できるならユーチューバーになりたい」と回答した。

生活できるならユーチューバーになりたい人の割合

男女別に見てみると、男性のほうがユーチューバーへの関心が高いようだ。

これまでにも、スキャンダルが度々報じられていた宮迫。そうした中でも、これほど目をかけてくれる偉大な先輩に恵まれたことは、何よりの幸運だと言えるのではないだろうか。

・合わせて読みたい→不祥事芸能人たちのYouTube天下りに怒り 「少しでいいから敬意を」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)