遠野なぎこ、2千円の箱マスクを購入しようとするも… 「送料」に驚き

19日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に女優の遠野なぎこが出演。マスク転売に怒りをあらわにした。

遠野なぎこ
(写真提供:JP News)

新型コロナウイルスの感染拡大が日々報じられている日本。マスクが全国的に不足して久しいが、ネット上での高額転売も問題視されている。

この件について、19日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で女優の遠野なぎこが怒りをぶちまけた。



 

■転売に「めちゃくちゃ腹立つ」

番組では冒頭のコーナー「バラいろニュースTODAY」にて、花粉シーズンが到来するもマスクがどこにも売っていないことを報じた、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)を取り上げる。

この件について、司会の垣花正が「遠野さん花粉症なんですよね?」と話を振ると「小学生の頃から花粉症で」と今ほど騒がれてない時代から苦しんできたことを明かすとともに、「今ほんとに売ってなくて。転売めちゃくちゃ腹立つ」と怒りをあらわにする。


関連記事:秋野暢子、ネットで60枚入りマスクを購入 その値段に「びっくり」

 

■送料が1万円だった

寝るときに喉を守るためにマスクをつけているという遠野。女優ならではの心がけだが、ストックについて問われると、まだギリギリ残っていると明かしつつ、それでも探してはいるようで自身の体験談へ。

「50枚で2000いくら」だったネット上での出品を見て「これぐらいだったら買ってもいいかな」と思ったものの、送料が1万円で驚いたことを明かした。


■転売商品を買うことがある?

ちなみに、しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,387名を対象に転売に関する調査を実施。「定価より高い転売品を買うことがある」と回答したのは全体の1割弱だった。

番組中、「怖いですよ、今ほんとに」と今の状況について語っていた遠野。新型コロナウイルスだけでなく、花粉症や混乱に乗じて利益を得ようとする人々に対する感想だったのかもしれない。

・合わせて読みたい→遠野なぎこ、人混みに子供を連れ出す親に呆れ 「危機感がないのか…」

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

マスク花粉症転売遠野なぎこバラいろダンディ新型肺炎コロナウイルスバラダン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング