哀川翔、10代の頃就いていた職業に驚き 「マジなんですか!?」

『ダウンタウンDX』にて、哀川翔が19歳の頃に就いていた職業について明かされる一幕が。18歳のインフルエンサー・ねおも驚きを隠せず…

エンタメ

2020/02/21 16:20

哀川翔
(写真提供:JP News)

20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、俳優・哀川翔が出演。19歳の頃にしていたという、意外な仕事が明かされた。



 

■雑誌『Popteen』のライターだった

同日の放送には、インフルエンサーとして若い女性を中心に絶大な人気を誇る、ねおが出演。彼女が、益若つばさや鈴木奈々などを輩出した、『Popteen』の専属モデルであることが紹介されると、ダウンタウン・浜田雅功が「翔さん、『Popteen』のライターだったんですよね?」と持ちかける。

哀川が「はい」と答えると、ねおは「さっき聞いて…マジなんですか!?」と驚きを隠せない。そんなねおに、哀川は「嘘ついてどうすんだよ」とツッコミつつ、「俺は特集ページの担当だったから、結構時間もあったし…」と、当時を振り返った。


関連記事:りんごちゃん、トークもモノマネも「こすり倒している」と判明 有吉提案の新ネタは…

 

■視聴者からも驚きの声

現在の俳優としてのイメージとはギャップのある哀川の職業遍歴に、視聴者からも「哀川翔がポップティーンのライターをしてたなんてイメージない」「哀川翔さんPopteenのライターだったんだ…」など、驚きの声が相次いでいる。

中には、哀川の華やかなルックスから「哀川翔さん、Popteen出てたのかと…驚いたわ。ライターさんね」と、一瞬勘違いしてしまったという人まで。


■今の仕事が「理想通り」な人は約2割

俳優としてブレイクするまでに、様々な経験をしていた哀川。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の有職者の男女633名を対象に「現在の仕事」に関する意識調査を実施したところ、「今の仕事は理想通り」と回答した人は、全体で約2割という結果に。

ライター時代を経て、俳優としてスターダムへ駆け上がっていった哀川。ライター時代の経験が、「書かれる側」となった現在の活動にも活かされているのかもしれない。

・合わせて読みたい→野々村真の娘の香音がイメチェン? 「前より派手になった」と驚きの声

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の有職者男女633名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)