まれに遅刻魔はいるけれど… 時間に余裕を持って行動する人が多数派か

遅刻するのは、社会人としてあまり好ましい行為とはいえない。時間に余裕を持って、行動したいものだが…

2020/02/22 20:30

時間を確認
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

遅刻の多い人は、社会人として評価が低くなってしまう。できることなら、時間に余裕を持って行動したいものだ。


画像をもっと見る

 

■「時間に余裕を持って行動」6割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、「時間について」の調査を実施。

時間に余裕を持って行動しているグラフ

「時間に余裕を持って行動している」と答えた人は、全体で62.6%と高い割合になっている。


関連記事:誰かを傷つけても心は痛まない? 人の気持ちに鈍感な人が…

 

■女性は時間に余裕を持って行動

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

時間に余裕を持って行動している性年代別グラフ

また男女ともに、年代が上がるほど割合が増えるのも印象的だ。

「仕事でもプライベートでも、時間に余裕を持つことはとても大切だと思っている。ぎりぎりのスケジュールで進行していると、思わぬトラブルが起きたときに対応できないから。


プライベートなら多少の遅れは問題ないけれど、仕事の場合はそうはいかないことが多い。そのために仕事の予定はとくに、早めの対応を心がけている」(30代・女性)

次ページ
■追い込まれないと行動しない

→5月28日9時から【Amazonタイムセール祭り】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催

マナー遅刻時間調査行動余裕
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング