長嶋一茂が結婚生活から学んだ「人生で大切なこと」に共感殺到

『ザワつく金曜日』で長嶋一茂が「人生で大切なこと」を熱弁して…

エンタメ

2020/02/22 09:20

長嶋一茂

21日放送『ザワつく! 金曜日 一茂良純ちさ子の会』(テレビ朝日系)で、長嶋一茂が結婚から学んだ「人生の大切なこと」を熱弁。視聴者から多くの共感が寄せられている。



 

◼耐える祭り

火付けの攻防戦が行われる「日本3大火祭り」のひとつ・長野県の道祖神祭り。舞台は高さ10数メートル、広さ8メートルにも及ぶ巨大な社殿。厄年の村人、42歳の男衆が社殿にのぼり、その下に25歳の厄男たちが陣取り、身体を張って村人からの攻撃を防ぐ祭りだ。

耐え忍ぶ、忍耐力も問われるこの祭りの話題から、ちさ子は「結婚生活でも男性は耐えている」と指摘。「結婚生活であれ以上にツラいことってありますか?」と一茂に問うと、一茂は「ウチじゃないけど、あると思うよ」と苦笑いを浮かべた。


関連記事:「妻をわざと怒らせる」長嶋一茂に高嶋ちさ子ドン引き 「めっちゃ面倒くさい」

 

◼一茂の秘訣

結婚生活において「統計的に男のほうが耐えている」と一般論として主張する一茂だが、「(妻への不満など)こみ上げるものが無い。こみ上げる材料を20年かけて売っぱらった感じ」と徐々に自身を振り返る口調に。

「人生でなにが大事かっていうと『諦めること』。54歳だけど、いかに諦めるか、そっちに(気持ちを)チェンジしてから楽になった」と結婚生活や人生を心安らかに過ごす秘訣を漏らした。

次ページ
◼ちさ子は猛反論も視聴者は?