ローラが突然の海外移住した真相は… ハリウッド女優としての今後も激白

『金スマ』でモデル・ローラが現状を明かして…

エンタメ

2020/02/22 09:40

ローラ

2010年に彗星のようにあらわれ、抜群の美貌と天真爛漫なキャラクターがウケて一躍スターとなったモデル・ローラ。その人気は凄まじく、年間テレビ出演本数は200本を超えるなどバラエティ番組を席巻した。

21日放送『中居正広の金スマ』(TBS系)にそんなローラが登場。突然の海外移住の真意、現在の活動などを赤裸々に語っている。



 

◼アメリカが活動拠点

15年に活動拠点をアメリカ・ロサンゼルスに移したローラ。「ずっとお仕事の話をもらっていたけど、(テレビに)出すぎちゃったからちょっと休憩して。自分が本当に住みたいなってところに、思い切って移動しちゃった」と憧れの地への移住を決断したと告白する。

当然、仕事がなくなるのも覚悟のうえで、「仕事やお金がなくなるよりも、自分の心がハッピーになったり、やれていないことを優先したかった」と当時を振り返り、「移動して本当に良かった。前よりも50倍くらい楽しくなった」と笑った。


関連記事:『深イイ話』ローラ、容姿の変化に驚きの声 「すごいことに…」

 

◼女優業にも言及

現在はモデルとして活動しつつ、数年かけて「あるプロジェクト」の準備をしてきたとローラは語る。また英語などの勉強にも時間を費やしていると明かした。

移住後の2016年には人気シリーズ・映画『バイオハザード ザ・ファイナル』で、ハリウッド女優デビューを果たし「本格的な女優転身」も囁かれていたローラだが、今後の女優業には難色を示す。

「ちょっとやってみたいと思ったけど、英語を勉強するのにいっぱいいっぱい。オーディションも受けたけど演技が向いてないと思った」と本音を吐露。

モデルやほかの仕事を全部やめて女優業だけに集中すれば「なんとかなる」ものの、「ちょっと違う感じがする」と現時点での女優転身は否定した。

次ページ
◼視聴者は?