バニーガール姿の9歳娘が男たちの性の餌食に… 金に目がくらんだ母親を逮捕

お金欲しさにかわいい我が子を小児性愛者の男に託す…こんなことがあってよいものか。

社会

2020/02/24 08:20

(dvulikaia/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

鬼のような冷血非道な親の犠牲になる非力な子供たち。近年特に増えているのが人身取引による性的搾取の問題だ。このたびの事例はオーストラリアから伝えられた。



 

 

■小児性愛者が代わる代わる…

オーストラリア・クイーンズランド州ゴールドコーストで、幼い我が子を性的搾取の犠牲にしたとして37歳の母親が逮捕・起訴された。

この母親は2014年5月から1年にわたり、ほぼ1日おきに娘を縛りあげて「プレイボーイ・バニー」風のコスチュームを着させ、小児性愛者の男たちに強姦させては金銭を受け取っていた疑いがもたれている。


関連記事:親戚の性的虐待疑惑 12歳娘の寝室に置いた隠しカメラ映像に両親が激怒

 

■医師にそっと託されたメモ

当時9歳だった少女は心と体に深い傷を負ったまま成長。このほど精神科の医師にこっそりとメモ書きを渡し、事件はやっと明るみに出た。驚いた医師はただちに警察に通報している。

メモには「ママは私を縛って変な恰好をさせ、自宅に男のお友達を連れて来る。すると私はその人に体を触られる」と書かれていた。ウサギの耳のカチューシャを頭に着け、プレイボーイ・バニーのスタイルをさせられていたという。

次ページ
■母親に腕をつかまれ抵抗できず

この記事の画像(1枚)