「死にたい」と泣く難病の9歳児に最高の贈り物 ヒュー・ジャックマンらが熱心に呼びかけ

心の優しい人々が世界には大勢いる。少年はこのことを感じとってくれただろうか。

社会

2020/02/24 17:40

子供・病院・入院
(kdshutterman/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

難病と闘いながら生きているその少年はまだ9歳。学校でイジメに遭えば、そのたびに母親の胸で泣きじゃくる。いくらなだめても「死にたい」とすら漏らすようになり、困り果てた母親は…。



 

■2万人に1人の難病

オーストラリアのブリスベンに暮らすヤーラカ・ベイルズさん。彼女には、四肢が短く身長が130センチほどで止まってしまう「軟骨無形成症」に苦しむ9歳の息子クワデンくんがいる。

出生2万人あたり1人の割合で発生するその難病のせいで、クワデンくんは小学校でひどいいじめに遭い、帰宅すると母親の胸に飛び込んで泣きじゃくる日々を送ってきた。


関連記事:「殺してやる!」 いじめっこ集団に宣戦布告した被害者の母が逮捕

 

■子犬のように扱われて…

そのうちクワデンくんは「学校でみんなが僕を子犬のように扱う」「もう死んだほうがマシだ」と口走るように。ベイルズさんがいくら「気持ちを強く保ち、不快なことは無視しなさい」と導いても、幼い息子は辛そうな表情になるだけだった。

悩んだベイルズさんは深く傷つき泣いているクワデンくんの様子を撮影。ソーシャルメディアにその動画を公開して「息子をいじめないで」と訴えたところ、予想外の大きな反響を呼んだ。

次ページ
■温かい気持ちが世界中から

この記事の画像(1枚)