対戦相手の股間をガブリッ サッカー選手に5年のリーグ活動停止処分

男同士のケンカが激化した際、片方が理性を失ってしまうとこんなコトも…!

社会

2020/02/25 07:45

倒れているサッカー選手
(suman bhaumik/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

サッカーの試合後、選手間のトラブルにより激しい口論が発生。対戦相手の急所に野蛮な攻撃で重傷を負わせた1名が重い処分を受けた。



 

■スタジアムの駐車場で…

この事件はルクセンブルクとの国境に近いフランス北東部のモーゼル県で起きた。

昨年11月17日、アマチュアチームのSC テルヴィル対AS スートリッシュの試合があるスタジアムで行われ、両チーム1-1の引き分けに。ところが試合後、両チームの選手数名が駐車場で衝突を繰り広げた。


関連記事:「こんな審判いるの?」 張本勲氏が驚いたサッカー主審のミスに視聴者衝撃

 

■激痛と大出血のなか病院へ

激しい口論はやがて恐ろしい暴力行為に発展。ある時、スートリッシュの選手が相手の股間に噛みついた。

激痛に悶絶しながらテルヴィルの選手は病院に運ばれたが、局部を10針も縫うほどの大怪我で4日間の休養が必要となり、半年間にわたりサッカーが出来なかったという。

次ページ
■5年間リーグ活動停止

この記事の画像(1枚)