極秘出産の18歳女が自宅窓から赤ちゃんをポイ捨て 「ママになるのは怖い」

孤独な出産と育児は想像しただけでも辛い。だがこのような蛮行は決して許されない。

社会

2020/02/25 09:00

赤ちゃん
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

若い年齢であればあるほど、母親になろうとする女性のそばには彼女と赤ちゃんを家族として愛し、大切にいたわってくれる人の存在が必要だ。ロシアで起きたこの悲しい事件に「胸が痛む」という人は少なくない。



 

■極秘のうちに自力で出産

ロシア南西部に位置するスタヴロポリ地方ブデンノフスク。ここに暮らすリュドミラ・ムラドワという18歳の女が、このほどアパート1階の自室で極秘のうちに出産した。

しかし、タオルにくるまれた赤ちゃんは高さ2メートル超の窓から外へ投げ落とされ、ムラドワは殺人未遂容疑で逮捕された。


関連記事:妊婦を装った女 産後の親友を殺害し新生児を誘拐か

 

■近隣住民が発見

芝生の上に落ちた赤ちゃんを発見し、警察に通報したのは近隣住民だった。か細い泣き声に気付いた50代の女性が近寄ってみると、新生児を思わせる小さな足が動き、タオルを広げて見るとへその緒が付いた状態で女の赤ちゃんが泣いていた。

当時の外気温は摂氏1度だったが、平年並みの零下の寒さであれば凍死していた可能性もあるという。

次ページ
■赤ちゃんの父親とは破局

この記事の画像(1枚)