「写真を添えて手紙を送って」 82年前に海に流された瓶入りの手紙を発見

「誰かが僕に連絡してくれますように」と願ったに違いない男性。80年以上後に瓶を見つけたのは、50代の男性だった。

社会

2020/02/25 09:40

ボトル・手紙・海岸
(ginosphotos/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SNSもなかった80年以上前のこと。ある男性が見知らぬ人との運命の出会いに期待し、瓶に手紙を詰めて海に流した。それがこのほど海岸で発見され、話題を集めている。



 

■海岸で発見された瓶

チャンネル諸島ジャージー島で暮らすナイジェル・ヒルさん(55)が、海岸で散歩をしていたときに古い瓶を見つけ興味をひかれた。

中身を取り出し確認するとそれは厚紙に書かれた手紙で、そこには「1938年9月5日」という日付、「瓶を見つけた方は連絡してくださいませんか」「写真も同封してください」というメッセージが。

さらにはジョンさんなる男性のフルネームと英国・ハートフォードシャーの住所が書き込まれていたという。


関連記事:家の床下から「人の舌が入った瓶」を発見 警官隊も急行する騒ぎに

 

■住人を特定

82年も前に書かれた手紙だと知り驚いたナイジェルさんは、さっそくFacebookを更新。この手紙に関し書き込み、「情報提供をお願いします」と呼び掛けた。

するとメッセージに記された住所で暮らす女性が特定できたため連絡したが、残念なことに「私がこの家で暮らすようになったのは30年前のことです」「ですがそのような人物に関する記憶はまったくありません」という返事があったという。

次ページ
■発覚した事実

この記事の画像(1枚)