親戚の性的虐待疑惑 12歳娘の寝室に置いた隠しカメラ映像に両親が激怒

少女から被害を告白された両親の最初の感想は「まさか。あり得ない」だった。

社会

2020/02/28 12:00

隠しカメラ
(libin jose/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の身に起きている性的暴行や虐待の被害を、誰にも打ち明けられないことが多い幼い女の子たち。だが、小児性愛の性的志向を持つ者の犯行は後を絶たない。



 

 

■不審に思った友人

幼い少女に対する性的虐待事件の話題がアルゼンチン・ブエノスアイレス州のモロン市から伝えられた。

2018年8月、当時12歳の少女だったAさんとメッセージのやりとりしていた友人が、Aさんが親戚の男から性的虐待を受けているのではないかと疑ったことが事件発覚のきっかけだった。

友人はそれを自分の母親に相談。心配した母親がAさんの両親にすぐに連絡を取ったという。


関連記事:性的虐待で実父の子を出産した13歳少女が死亡 母は娘の訴えを信じず…

 

■隙をみて少女の部屋へ…

驚いた両親が娘のAさんに問いただすと、彼女は正直に性的虐待被害の事実を告白。そこで挙がったのは、レアンドロ・セバスチャン・マルティネスという41歳の男の名だった。

レアンドロは、Aさんにとって父親のいとこの夫にあたる。たびたび自宅に招くなど、一家はこの夫婦と仲良く交流を続けてきた。そんな中、自分の部屋に入ってきたレアンドロに下半身を触られるというのが娘の主張だった。

次ページ
■「妻帯者がまさか」と疑う

この記事の画像(1枚)