マスク売り切れで“黒マスク”着用者が続出? 「仕方なく買った人」の本音は…

新型コロナウイルスの影響でマスク売り切れが続出。「仕方なく黒マスクを買った」という人も多いはず。しらべぇ取材班は、実際に初めて黒マスクを買ったという男性に話を聞いた。

話題

2020/02/28 05:30


 

■黒マスク、初着用でどう感じた?

まだまだ厳しい意見もある黒マスク。しらべぇ取材班では、マスク売り切れによって「初めて黒マスクを購入した」というAさん(30代男性)に話を聞いた。

黒マスクを手にとったときは「なんだか厨二っぽくて恥ずかしくてつけていけるか心配だった」と感じたよう。「そもそも服装も黒がメインで、毛量も多くメガネも黒縁。全身黒になってしまう恐怖感があった」と話す。やはり黒マスクのイメージに抵抗があったようだ。

装着感はいたって「一般的なマスクと一緒」だとしながらも、黒色のせいか飼っている猫の抜け毛がかなり目立つようで、「1日1回、貼りついた猫の毛をはがしています」とのこと。また、「万が一、鼻水が垂れちゃっても問題なさそう」とメリットを話す。


関連記事:恋人に「マスクを着けて」とお願いしたら… ありえない返事に別れを決意

 

■周囲の視線は気になる?

黒マスクに抵抗がある人の意見として、「周囲からの視線が気になる」という理由がある。

このことについてAさんは、「多分、影のあるアサシンだと思われているはず。『そう、俺はアサシンだ。目で相手を殺し、口元は出さない……』というのは嘘で、やっぱり恥ずかしさはある。社外に出るとき、先方との打ち合わせの際、白マスクがないからと黒をつけていくことがマナー違反なのかどうなのか本当に気になる」とコメント。

実際に、ビジネスマナーとしてどうなのか、と感想を漏らす人はネット上でもちらほらと見受けられた。

さて、着用に抵抗があったという黒マスクだが、しばらく着用してどのように感じたのだろうか。Aさんは「かなり慣れてしまいました」とすっかり気にならなくなったよう。「想像以上に他人は自分に注目していませんでした(笑) そんな自信過剰、自意識過剰を生み出すプラス効果がありそう」と話してくれた。


今回の売り切れ騒動を経て黒マスクを購入した人のなかには、Aさんのように「すっかり慣れた」という人も少なくないはず。思わぬところで黒マスクのイメージ向上につながったのかもしれない。

・合わせて読みたい→マスクをした女性店員に客が大激怒 その“理由”を聞いて呆れた…

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)