『ロンハー』にロンブー・田村亮が復活 出川哲朗らに謝罪行脚し感動の声

ネット番組『ロンハーAbema特別編』でロンドンブーツ1号2号・田村亮が活動を再開して…

エンタメ

2020/02/28 09:00

ロンドンブーツ1号2号
(写真提供:JP News)

闇営業騒動で活動自粛、相方の田村淳の協力を得て芸能活動を再開させたロンドンブーツ1号2号・田村亮が、27日深夜配信の『ロンドンハーツAbema特別編』(Abema)に登場。出川哲朗ら関係のある芸人たちへの謝罪行脚に大きな反響が起きている。



 

◼田村亮が復帰

1月30日に東京・表参道でトークライブを開催、その後の会見で再出発を明かした亮。それでもメディアへの出演は制限していたため、今回の『ロンハー』が本格的な芸能活動復帰となる。

2月某日、約8ヶ月ぶりに『ロンハー』に出演した亮が自宅を訪れた淳とともに、迷惑をかけた芸人への謝罪と「Abemaでの復帰」を報告しに行く。

「地上波はまだ」とはいえ、亮は復帰に関して「めちゃめちゃ嬉しいよ」と満面の笑みを浮かべる。それでも「昨日の晩、(興奮して)眠れなかった」と喜びと緊張の入り混じった本音を漏らした。


関連記事:ロンブー田村淳が相方・亮の活動再開について語る 「まずは地上波出演から」

 

◼各所に謝罪

亮は、復帰に尽力してくれたスタッフ、応援してくれた視聴者への感謝を述べる。活動休止中の状況から、「11月ぐらいから242円くらいの明細が来ていた」と金銭面での実情を明かすなど、やはり苦しい生活を送っていたと告白した。

そこから2人で、番組にゆかりのある出川やFUJIWARA・藤本敏史、パンサー・尾形貴弘、コロコロチキチキペッパーズ・ナダル、狩野英孝らのもとを訪れ、頭を下げる。全員が亮の復帰を心から喜んだが、なかには涙を滲ませる場面もあった。


◼視聴者も好意的

地上波での復活はまだ難しいなか、一足先にネット、Abemaでの復帰を果たした亮。視聴者からは「亮さん復帰してるのとても嬉しい」「亮さん復帰おめでとうございます」「地上波はまだみたいだけど復帰出来てよかったなぁ」と喜びの声が挙がっている。

また、不祥事で謹慎した経験のある狩野からは謹慎直後にメールで励まされたと明かされた。当時を振り返りながら、お互いに涙を滲ませていた2人のやりとりに「まさか狩野英孝に泣かされるとは思わんかった」との声もあった。

「今日ロケはしているが、まずレギュラー番組にもう一度挨拶に行って、そちらに向き合いたい」と今後について語った亮。元気な姿をみてファンも一安心したとはいえ、これからのさらなる活躍を期待しているだろう。

・合わせて読みたい→ロンブー田村淳、相方・亮と笑顔のツーショット披露 「厳しく見守りつつ支えていきたい」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

この記事の画像(1枚)