パンサー尾形、女性マネージャーへ理不尽に説教する姿に視聴者ドン引き

『アメトーーク』でパンサー・尾形貴弘を隠し撮りした結果…

エンタメ

2020/02/28 15:00

パンサー・尾形貴弘

霜降り明星EXITといった平成生まれの人気者がお笑い第7世代でくくられ、バラエティ番組を席巻している。

27日深夜放送『アメトーーク』(テレビ朝日系)には、第7世代にも第6世代にも微妙に該当しない、若手~中堅の狭間で揺れ動いている芸人たちが集結。

その1人であるパンサー・尾形貴弘を隠し撮りすると、第7世代の台頭、自身の現状への不満を女性マネージャーにぶつける姿が映し出され波紋を起こしている。



 

◼第7世代への不満

「もしも第7世代MCの番組からオファーが来たら…」と題して、マネージャーが仕掛け人となって尾形にドッキリを敢行していく。

マネージャーと楽屋の席につくと「最近ホントにイイとこないな」と愚痴りだす尾形。それに対して、マネージャーが「第7(世代)が頑張ってる」と軽く触れると、尾形は「第7とか言うのやめよ、もういい加減」と敏感に反応、第7世代への露骨な嫌悪を覗かせる。

さらに霜降りの深夜番組についてマネージャーが触れただけで、「なんで詳しいの第7に?」「そっちに心いってない? パンサーの1番のファンじゃなきゃダメよ」「第7ファンなの? ヤバいね」とマネージャーに対して文句が止まらなかった。


関連記事:霜降り・せいやとパンサー尾形のスマホ検索履歴を勝手に公開 「めっちゃ恥ずい」

 

◼さらに詰め寄る

そこから、元高校球児で元気なキャラがウケ、人気急上昇中のお笑い第7世代コンビ・ディモンティが「MCの番組をスタートする」と告げると、尾形は不満顔で「まだ早いでしょ」と納得できない様子。

さらに旧知の仲のディレクターがその番組を担当すると知ると「ヤバいねあの人。時代に流されてんだ完全に」と逆ギレする。

それでもディモンティの番組でのロケをオファーされると「全然やる」と快諾した尾形。しかしマネージャーが「キャラ被っているけど…」と口にすると「被ってない」と怒りを滲ませはじめる。

「俺のキャラをマネージャーがわかってない」と詰め寄る尾形に、マネージャーは「元気でスポーツが出来る」ディモンティとのキャラ被りを説明したが、「あっちは野球で俺はサッカーで真逆」と猛反論。

モニタリングしていた陣内智則らから「スポーツで一緒や」とツッコミが飛んだ。

次ページ
◼視聴者の反応は…