相次ぐトイレットペーパーの買い占め 現地で何が起きているのか

スーパーや薬局で、マスク以外の商品の「買い占め」が発生する事態に。しらべぇ編集部が現地にて話を聞いてきた。

社会

2020/02/28 15:20

買い占め

深刻な社会問題となっているマスクの買い占めだが、現在はスーパー、薬局にてティッシュやトイレットペーパーの買い占めが起きているという。一体全国で、何が起こっているのだろうか。



 

■都内近郊のスーパーでは…

28日、しらべぇ編集部が埼玉県・さいたま市にあるスーパーを訪れると、ティッシュやトイレットペーパーだけでなく、米なども商品売り場から姿を消していることが判明。

店側に話を聞いてみると「キッチンタオルなども含む紙製品を買いに来る客が急に増えた」「1人当たりの購入数に関してはお客にも協力してもらっているが、やはり買い占めをしていると思われる人物も散見される」とのこと。

「マスクの材料に紙が回される」といった情報を鵜呑みにし、トイレットペーパーの供給不足を恐れた客が多いのだろう。


関連記事:トイレットペーパーの供給不足があり得ない理由とは 製紙会社に話を聞いた

 

■店を訪れた主婦は…

買い占め

買い物に来ていた女性客から話を聞くと、「今朝から急に商品がなくなって困惑している」とのこと。スーパーを訪れる前にドラッグストア数店を訪れたが、どこの店舗も品薄の状態になっており、不安に駆られたそうだ。


■供給不足は「全く起きていない」

ネット上では「もはやオイルショック状態じゃん」「間違いなく現代のオイルショック」といった驚きの声が多数上がっている。

しかし、後ほど詳しく報じるが、しらべぇ編集部が製紙会社を取材したところ、「供給不足は全く起きていないし、今後についても99%起こらない」との回答を得た。

「商品が製造されなくなる」という誤った情報に惑わされて不要な商品を買い占めると、本当に必要としている人の手に商品が回らなくなってしまう。元も子もない事態を招かぬよう、安易な買い占め行為は慎むべきだろう。

・合わせて読みたい→メンタリストDaiGo、トイレットペーパー不足に皮肉 「その通り」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(2枚)