平野ノラ、新型コロナ影響で誰もいない品川駅に驚き 「あり得ない光景」

お笑いタレントの平野ノラがインスタグラムを更新。閑散とした品川駅に驚いた。

エンタメ

2020/03/01 11:30

平野ノラ

お笑いタレントの平野ノラが1日、自身のインスタグラムを更新。閑散とした品川駅構内の写真を投稿し、驚きの声が相次いでいる。



 

■誰もいない品川駅

新型コロナウイルス拡大防止のため、全国的にイベントが中止、延期となっている日本。家にこもっている人も少なくないのか、ネット上では「街に人がいない」「観光客も全然いない」などの声が投稿されている。

平野がアップしたのは1日の品川駅構内の写真。新幹線の改札を入り、ホームへの向かう途中の場所のようだが、たしかに人がひとりもいない。

この写真が朝何時時点で撮影されたのかは不明だが、とは言え新幹線は始発でも人がそれなりにいる交通機関。異様な光景なのは間違いない。


関連記事:映画評論家・有村昆、新型コロナで閑散とした新幹線に驚愕 「同じ車両に3人」

 

■「怖っ」「あり得ない光景」

閑散とした構内の様子に驚きつつも、「品川駅…誰もいない! けど! 今日も一日がんばるんば」と自分を鼓舞した平野。

コメント欄には「東京であり得ない光景ですね」「怖っ!」「品川で誰もいないなんてすごい」など、恐怖にも似た驚きの声が寄せられている。


■紙製品買い占めも横行

観光業界、飲食業界に大打撃を与えている今回の新型コロナウイルス流行だが、トイレットペーパーを始めとする紙製品の買い占めも深刻化している。

だが、しらべぇが製紙会社に取材したところ、トイレットペーパーの供給不足は「まずあり得ない」とのこと。マスクとトイレットペーパーでは材料が異なり、日本国内で流通している98%を国内生産で賄っているためだ。

人の移動や生活物資の不足など、様々な点で異常事態を迎えているようだが、正確な情報をきちんとつかみ、落ち着いて対処していきたい。

・合わせて読みたい→加藤浩次、トイレットペーパーを大量買いする客に呆れ 「バカみたい」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太