YouTuberが娘への体罰告白で炎上 「自分の手が痛くなるまで叩いた」

化粧品と子供のどちらが大切なのか。子供を叩き泣かせても動じない女性に対し、多くの人があきれ返った。

社会

2020/03/02 09:40

児童虐待
(Giuda90/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

泣き叫ぶわが子を無視し、動画を撮影したある女性。「化粧品に触るなというのに勝手に手を出し台無しにした」「子供を叩いたせいで手が痛い」などと語った女性に、批判が噴出している。



 

■娘に激怒したユーチューバー

メイク動画などをYouTubeにアップしていたアメリカ在住の女性が、先日あらたな動画を撮影。子供の泣き声が響くなか助けに行こうとすらせず、険しい表情で娘のイタズラにどれほど腹が立っているかにつき語り始めた。

「必死に働いて貯めたお金で買った化粧品は、私にとっては我が子同然」「メイク道具は命がけで守ってみせる」などと息巻いた女性は、「勝手に化粧品をいじった2歳の娘の尻を思い切り叩いた」「そのせいで手が痛いわ」などとも話し、視聴者をおおいに驚かせた。


関連記事:妊婦を装った女 産後の親友を殺害し新生児を誘拐か

 

■体罰に至ったいきさつ

女性によると、娘にはそれまで何度も「化粧品には絶対に触らないで」と注意してあったが、言うことを聞かなかったとのこと。

そこで化粧品を隠したこともあったというがそれでも娘が探しだしいじったことから、女性は激高し容赦なく叩いたという。「私のやり方はダメだという親も多いでしょうけれど、私だって必要がなければ子供の尻をぶったりしないわ」とも女性は述べた。

次ページ
■女性の釈明