トイレットペーパー買い占める高齢女性を注意したら… 「まさかの一言」に困惑

デマによりトイレットペーパーの売り切れが続出。芸能コラムニストの山田美保子氏がつづったブログに、反響が相次いでいる。

話題

2020/03/02 18:20

スーパーマーケット
(Tony Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

放送作家で芸能コラムニストの山田美保子氏が、29日に自身のブログを更新。トイレットペーパーをめぐるトラブルをつづり、買い占めに苦言を呈した。



 

■スーパーで並んでいたら…

この日、山田氏は「煽ってはいけないと思うし、全くのデマですし、書くのを遠慮していたのですが」と切り出した上で、自身が遭遇したスーパーでの出来事をつづる。

「トイレットペーパーの供給が不足する」というデマの影響によって近所のコンビニなどからも商品が消えたようで、この日はスーパーに買いに行くことに。すると、店の前には開店を待つ高齢女性がいたという。

10分ほど待ち、開店したため店に入ろうとしたところ、突然横から女性が割り込みだす。高齢女性は「ずっと並んでいたんだよ」と猛抗議するも、割り込んだ女性は無視をしてトイレットペーパーを2袋買って行ってしまった。


関連記事:ヒカキン、デマ情報の拡散に注意喚起 伝え方に「大人な対応」と称賛

 

■10袋買い占めてしまう

その後、山田氏は高齢女性の後ろについていったのだが、その高齢女性はトイレットペーパーを10袋も買い占めてしまったという。

思わず「1つは残しておいてほしかったです」と伝えた山田氏だが、高齢女性は「ごめんね。だって、ないんだもん」と一言。

結局、別の商品を買った山田氏だが、「もしかしたら、たくさん必要な事情がおありなのかもしれませんが、こんなに持って帰れますか? お一人で」と複雑な思いをつづった。


■「本当に必要な人」を苦しめる

しらべぇでも既報のとおり、トイレットペーパーの供給不足は完全なるデマだということが判明。デマによって売り切れになり、それを知って焦った人がデマだと知りつつも買いに走るという悪い流れが続いているが、高齢女性も「いつ買えなくなるかわからない」という不安で10袋買いという行動に出たのだろう。

その行動こそが、1袋だけ必要な人を苦しめているということに気づいてほしい。山田氏がつづった内容が反響を呼び、ブログには100以上のコメントが寄せられている。

・合わせて読みたい→トイレットペーパーの供給不足があり得ない理由とは 製紙会社に話を聞いた

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(1枚)