ギャル曽根、デカ盛りチャレンジ失敗… 「その後の行動」に称賛の声

珍しく、デカ盛りチャレンジに失敗してしまったギャル曽根。しかし、その後彼女が取った行動に多くの反響

エンタメ

2020/03/03 15:20

ギャル曽根

2日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)にて、ギャル曽根が大食いチャレンジグルメに挑戦。無念のタイムアップとなるも、その後の行動に多くの反響が寄せられている。



 

■オマール海老丸々3.5キロ超パスタ

海老専門店にて、3色のパスタの上に、極厚ベーコンや巨大クリームコロッケ、さらにはオマール海老をまるごとフライにした超特大エビフライが乗った、総重量3.5キロ超のテラ盛りパスタに挑むこととなった曽根。

揚げ物から先に食べ、序盤は海老やパスタの味に感激しながら軽快に食べ進めていくも、「制限時間40分」以内に完食できるかどうか、「爆食女王」こと曽根を持ってしてもきわどい展開に。


関連記事:ギャル曽根、田中みな実に「憧れる」 ファンから思わぬ反応が…

 

■無念のタイムアップ、その後…

後半に差し掛かると、幅4センチのバジルパスタの噛みごたえに、曽根だけでなく、プロレスラー・棚橋弘至も苦戦する事態に。そして、残り400グラムを残し、曽根はおよそ1年ぶりに無念のタイムアップ、チャレンジ失敗となってしまった。

しかしその後、曽根は「最後まで食べて帰ります」とフォークを取り、制限時間はオーバーしたものの、見事完食。スタジオからは拍手とともに「珍しいこともあるね」との声があがった。

次ページ
■「大好き」「偉い」と反響