笠井アナ、震災での経験を交え注意喚起 「報道陣のマスクは絶対に必要」

闘病中の笠井アナが、取材陣のマスク着用について「移さないためにしたほうがいい」とつづった。

エンタメ

2020/03/04 19:00

笠井信輔

現在闘病中のフリーアナウンサー笠井信輔が4日ブログを更新。テレビ番組の記者や取材リポーターについて、東日本大震災での経験を交え、マスクを着用すべきと持論を展開した。



 

■「震災と感染…」

笠井アナは「震災と感染…報道陣のマスクとヘルメット」と題して「現場で取材する記者・リポーターは皆マスクをした方が良いのではないでしょうか?」と投稿した。

しかし取材者だけがマスクをしていると「皆マスクを買えないのに、報道陣は恵まれている」「感覚を疑う」とクレームを送ってくる視聴者も、一部存在するだろうと指摘した。


関連記事:都内で”マスクを買うための行列”が話題に メーカーは「通常の10倍の注文が来た」

 

■「報道陣のマスクは震災時のヘルメット」

その反論として笠井アナは「報道陣のマスクは震災時のヘルメットだと思っています」と持論を展開。

「ヘルメットを脱ぎ怪我をした場合、被災者に迷惑をかけてしまう。だからいくら視聴方が不自然・おかしいと思っても、記者が被災地でヘルメットを取ることはありません」「我々報道陣が、現地の人に、取材相手に、コロナをうつすことがあっては絶対にいけないのです」と綴った。

次ページ
■アスリートのインタビューでも