笠井アナ、震災での経験を交え注意喚起 「報道陣のマスクは絶対に必要」

闘病中の笠井アナが、取材陣のマスク着用について「移さないためにしたほうがいい」とつづった。

エンタメ

2020/03/04 19:00


 

■アスリートのインタビューでも

さらに続けて「オリンピック・アスリートやプロ野球選手に単独インタビューする姿が放送されていますが、やはり、マスクをしていない記者やリポーター、アナウンサーがいます。ハラハラしながら見ています」と率直な気持ちを明かした。


関連記事:宮城県東松島市がマスク22万枚を配布 他の自治体の現状と今後は…

 

■「絶対に必要だからする」

笠井アナは最後に「報道陣のマスクは、優遇されているわけではありません。絶対に必要だからする。そう理解してくださるとうれしいです」と読者に呼びかけた。

投稿のコメント欄には「確かに。移さないためのマスクと考えるのが合っていますね」「自分がいつ保菌者になってるか分からないですし、外でインタビューやリポートする人はマスクしてほしいですね」と賛同する声が集まっている。

・合わせて読みたい→朝3時入荷されたマスク その売れ行きに驚き「目覚ましセットして…」

(文/しらべぇ編集部・大五郎