黒い雷神はどこいった! 邪悪さゼロの「ブラックサンダー」姉妹品が爆誕

「ブラックサンダー」シリーズ新商品として優しい口当たりの「ハニーバターサンダー」が9日より販売されることが決定。

「若い女性に大ヒット中!」のキャッチフレーズで人気のチョコ菓子「ブラックサンダー」。シリーズ新商品として優しい口当たりの「ハニーバターサンダー」が9日より全国のコンビニエンスストアで販売されることが決定した。


画像をもっと見る

 

■噛むたびにハニーバターだと?

ハニーバターサンダー

はちみつをゼリー状に固めた素材とバター風味のチョコチップを組み合わせたお菓子「ハニーバターサンダー」。ブランビスケットを配合しており、ほろほろと優しい食感も特徴の一つだ。

発売元の有楽製菓マーケティング戦略部は「環境が変わる慌ただしい時期に、ホッと一息つける春らしい季節感を演出。噛むたびにハニーバターの優しい味わいがお口いっぱいに広がります」と同商品を推す。


関連記事:ギャレットのバレンタイン味登場 ハート満載で気分も盛り上がる

 

■なんて軟派なコンセプトだ!

ハニーバターサンダー

黒い雷神の異名を取り、好戦的なイメージだった「ブラックサンダー」に比べ、今回の「ハニーバターサンダー」は「ほのぼの雷神」となんとも軟派な肩書きがつけられている。

パッケージには雷さえ描かれているが、ゆるキャラ風のかわいいハチとお花畑のイラスト。「きっと甘ったるく、パンチの効いていない味なんだろう。ブラックサンダーもとうとう“ゆとり”か」と酷い偏見と死語を交えつつ、しらべぇ取材班は試食。


■や、やるじゃん…!

まず口に入れた時の香り。蜂蜜の優しい香りが鼻を抜け、味にも濃い蜂蜜の風味が生きている。食感はブラックサンダー同様にギュッと詰め込まれたビスケット。サクサク食感が強く、かつバターがしっかり効いているので、なかなかの濃厚さだ。

ハニーバターサンダー

これで40円(税込)とコスパも良い。…いや、そもそも40円という企業努力の塊のような価格にコスパなどというありふれた観点をもってくるほうがナンセンスなのかもしれない。

見た目や色、風味は優しいが、ブラックサンダーと同レベルの食感が高い満足度を生んでいる。濃い紅茶やブラックコーヒーなどと合わせても負けない存在感があり、小腹が減った時の強力な仲間となりそう。

コンビニの他、23日以降は全国のドラッグストア、スーパーマーケットでも取り扱う。ブラックサンダーファン以外も必食の一品だ。

・合わせて読みたい→スタバ新作はおモチときな粉入り? お正月モードなドリンクを飲んでみた

(撮影・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(5枚)